2015.07.07

契約満了のメクセス、新監督の構想外でミランとの延長交渉が決裂か

メクセス
ミランに所属するフランス人DFメクセス [写真]=Getty Images

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランの元フランス代表DFフィリップ・メクセスは、クラブとの契約延長交渉が決裂したと6日、イタリアメディア『スカイ』が報じた。

 同メディアによると、6月30日までの契約となっていたメクセスについて、シニシャ・ミハイロヴィッチ新監督が新契約を受け入れなかった模様。シルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長からは高い評価を得られていたが、新監督の構想外となったようだ。

 そのメクセスに代わるセンターバックについて、ミハイロヴィッチ監督は、2014-15シーズンにサンプドリアで指導したU-21イタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリの獲得を狙っているものとみられる。ローマからのレンタル移籍だった同シーズンは、セリエAの30試合に出場し、ヨーロッパリーグ出場権獲得に大きく貢献した。現在は、期限付き移籍が終了し、ローマにレンタルバックしている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る