2015.06.24

イタリアで新たな八百長疑惑浮上…カターニアの会長ら幹部7名逮捕

カターニア
不正疑惑が浮上したカターニア [写真]=Getty Images

 セリエB(イタリア2部)に所属するカターニアの会長を務めるアントニーノ・プルビレンティ氏ら7名が、八百長疑惑で逮捕されたことが明らかになった。23日付のイタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

 現在はジェフユナイテッド千葉に所属するFW森本貴幸も過去に在籍したカターニアは、今シーズンのリーグ戦で残留プレーオフ圏に2ポイント差をつけて15位となっていたが、そのために不正な買収などを行った模様。終盤に収めた5連勝の期間を含む6試合が調査の対象となっている。

 一方、同会長の弁護士を務めるジオバニ・グラッソ氏は、「彼は証拠を持って完全な潔白を証明するため、すべてを尽くす」と、声明を発表している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
レアル・マドリード
48pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る