2015.06.22

イグアイン父、レアル退団の真相を激白「会長はアルゼンチン人が嫌い」

イグアイン
2007年から2013年までレアルでプレーしたイグアイン [写真]=Getty Images

 ナポリに所属するアルゼチン代表FWゴンサロ・イグアインの父で同選手の代理人を務めるジョルジ・イグアイン氏が21日、レアル・マドリード退団の真相を激白した。

 ジョルジ氏は、アルゼンチン・メディア『Diario Z』のインタビューに応じ「ゴンサロがレアルを退団したのは、フロレンティーノ・ペレス会長がアルゼンチン人を嫌っているからだ。このため、レアルから(フェルナンド・)レドンド、(エステバン・)カンビアッソ、(サンティアゴ・)ソラーリ、(フェルナンド・)ガゴ、イグアイン、そして(アンヘル・)ディ・マリアが退団した」と打ち明けた。

 さらに、「ペレス会長は正面から非難することはない。彼の肩を持つメディアや幹部を利用する。こうやって、(カルロ・)アンチェロッティ前監督も追いやった。これが彼のやり方だ」と話し、周囲を操って嫌悪する選手や監督を放出してきたことを明かしている。

 イグアインは2007年から2013年までレアル・マドリードでプレーし、190試合に出場し107得点を記録していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
10pt
ハノーファー
10pt
バイエルン
9pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
セビージャ
10pt
レアル・ソシエダ
9pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
インテル
12pt
欧州順位をもっと見る