FOLLOW US

ナポリ会長、イグアイン放出に高額移籍金を要求「123億円は必要」

ナポリに所属するイグアイン [写真]=Getty Images

 ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの移籍に123億円の移籍金を要求していることが分かった。『コリエレ・デッロ・スポルト』が18日に報じている。

 デ・ラウレンティス会長は、マンチェスター・Uユヴェントスアーセナルアトレティコ・マドリードなどが関心を強めているとみられるイグアインについて、「退団? そんなことがあるものか。彼はナポリの選手だ。もし、常軌を逸したやつが契約破棄金を払うなら、考えようじゃないか。イグアインを放出するには、8800万ユーロ(約123億円)が欲しい」と強調。

 さらに「イグアインは我々の選手であり、契約は遵守されなければならない。彼が出て行くなんて、ふざけた話だ」と高額移籍金が提示された場合に限り、移籍交渉に応じる構えをみせつつも、退団の可能性を一蹴した。

 現在27歳のイグアインは、2013年夏にレアル・マドリードから加入し、2018年6月30日までの契約を結んでいる。

 2014-15シーズンのセリエAでは、18得点を挙げる活躍をみせるものの、クラブがチャンピオンズリーグ出場権に届かなかったことから退団の噂が持ち上がっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO