2015.06.15

インテル所属のMFコヴァチッチ、リヴァプール移籍で合意か

コヴァチッチ
インテルに所属するコヴァチッチ(右)[写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルが、リヴァプールとクロアチア代表MFマテオ・コヴァチッチの移籍で合意に達したと14日、クロアチア紙『Jutarnji』が報じた。

 同紙によると、2260万ユーロ(約31億円)に200万ユーロ(約2億8000万円)のボーナスが加わる移籍金をリヴァプールが支払うことで双方が合意に達したという。

 一方、イタリアメディア『Sportitalia』は、リヴァプールが2000万から2100万ユーロ(約28億から29億円)のオファーを提示も、インテルは2500万ユーロ(約34億円)に加えさらにボーナスを要求していると伝えており、まだ双方が希望する移籍金額に隔たりがあると指摘している。

 いずれにしろ、先週にはインテルのロベルト・マンチーニ監督が、コヴァチッチが残留するとの見方を示していたが、両クラブの間で、交渉が進展していることは確かなようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
55pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る