2015.06.10

サンプドリア会長が長友獲得を希望…すでにクラブ間で交渉済みか

長友佑都
インテルでプレーするDF長友佑都 [写真]=Getty Images

 サンプドリアのマッシモ・フェッレーロ会長が、インテルの日本代表DF長友佑都の獲得を希望していると9日、イタリアメディア『Sky』が報じた。

 同メディアによると、サンプドリアとインテルは、すでに交渉を行った模様。サンプドリアは長友に加えて、イタリア人DFマルコ・アンドレオッリの獲得も望んでおり、インテルのピエロ・アウシリオ・テクニカルディレクターはサンプドリア側の要望に応じることができることを返答したものとみられている。

 さらに交渉の席では、リーベル・プレートのU-20アルゼンチン代表MFマティアス・クラネビッテルを共同で獲得することについても、話し合われたと報じている。

 シニシャ・ミハイロヴィッチ監督が指揮したサンプドリアは今シーズンのセリエAを7位でフィニッシュ。6位のジェノアがUEFAライセンスを取得できなかったため、サンプドリアが来シーズンのヨーロッパリーグに繰り上がりで出場できることとなった。しかし、ミハイロヴィッチ監督は退団し、ミランの新監督就任が決定的に。そのサンプドリアには、かつてインテルやサンプドリアでプレーした元イタリア代表GKのヴァルテル・ゼンガ氏が、新監督に就任することが決まっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る