FOLLOW US

敗戦にショック受けるポグバ、バルサが興味認めるも「考えてない」

バルサ戦に出場したポグバ [写真]=VI Images via Getty Images

 6日に行われたチャンピオンズリーグ決勝で、ユヴェントスバルセロナに1-3で敗れた。フランス代表に合流したユヴェントス所属のポール・ポグバが、同国のテレビ局『カナル・プラス』のインタビューに応えた。イギリスメディア『フットボール・イタリア』が9日にコメントを伝えている。

 ポグバは、「負けたことに傷ついている。特に、僕にとっては初めてのファイナルだったんだ」と敗戦のショックを口にし、「僕らは勝てると信じていたんだ。同点にした後にエリア内でファールを押されたけど、レフェリーはスポットを指差さなかった」と、試合を振り返った。

 そして、「この経験から学んだよ。僕はいつの日かチャンピオンズリーグを制覇したいと願っている」と、今後の目標を口にした。

 現在22歳のポグバには、様々なビッグクラブが関心を示している。欧州王者のバルセロナも同選手への興味を認めたが、「そのことについては考えていない。少し休んだし、今はフランス代表のことがあるからね」と、移籍に関するコメントを避けている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA