2015.06.09

フィオ、モンテッラ後任は柿谷所属バーゼルのソウザ監督が有力か

ソウザ
バーゼルを率いるパウロ・ソウザ監督 [写真]=Getty Images

 ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督を解任したフィオレンティーナの新指揮官候補に、FW柿谷曜一朗が所属するバーゼルのパウロ・ソウザ監督が浮上している。8日、イタリアメディア『Sky』が報じた。

 同メディアによると、9日にもフィオレンティーナ側と、ソウザ監督の代理人との会談が予定されているという。また、ソウザ監督以外には、今シーズンにパルマを指揮したロベルト・ドナドーニ監督やトリノのジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督が候補に挙がっている模様。ただし、後者はトリノとの契約があり、クラブも手放す意思はないものとみられている。

 フィオレンティーナ新指揮官の最有力候補に浮上しているソウザ監督は、現役時代にイタリア国内の、ユヴェントス、インテル、パルマでプレー。現役引退後は、QPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)、スウォンジー、レスターなどを歴任し、昨年夏からバーゼルを指揮。今シーズンのスイス・スーパーリーグ優勝に導いている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る