FOLLOW US

ミランの執念実らず…イブラ代理人が移籍を再度否定「契約がある」

パリSGに所属するイブラヒモヴィッチ [写真]=Getty Images

 パリ・サンジェルマン所属のスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチ移籍の噂について、同選手の代理人を務めるミーノ・ライオラ氏が再度否定している。7日付のフランス紙『Le Journal du dimanche』が伝えた。

 イブラヒモヴィッチに興味を示しているクラブは、日本代表FW本田圭佑の所属するミラン。一度はライオラ氏が移籍を否定していたものの、同クラブのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長は再度交渉に臨んでいたという。

 しかしライオラ氏は、「彼には契約がある。勝手に退団を決めることはできない。ナセル・アル・ケライフィ会長はこの話にノーと言っているから、パリSGがイブラヒモヴィッチを売ることはない」と、再び残留を名言した。

 2010年から2年間ミランのエースとして活躍していた同選手だが、今夏の古巣復帰は厳しいと見られている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO