2015.06.01

得点王獲得のイカルディ、契約更新を示唆「インテルに残りたい」

マウロ・イカルディ
最終節エンポリ戦で2ゴールを決めたイカルディ [写真]=Getty Images

 セリエA最終節が5月31日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルはエンポリとホームで対戦し、4-3と競り勝った。



 この試合で2ゴールを決めて、リーグ戦通算22得点に伸ばし、ヴェローナの元イタリア代表FWルカ・トーニと並んで得点王に輝いたアルゼンチン人FWマウロ・イカルディが試合後のインタビューに応えた。イタリアメディア『Tuttomercatoweb.com』が伝えている。

 初めて得点王のタイトルを手にしたイカルディは、「簡単なプレーもミスしたが、いずれにしろ、22得点を奪い、今シーズンのリーグ戦では良くやったと思うよ。だけど、チームとしてはもっと良くやらなければいけなかったと思う。不要に勝ち点を落としてしまった。特に、サン・シーロであまりにも多く引き分けたり、敗れてしまっている」と語り、チームとしての戦いに課題があったと指摘した。

 さらにイカルディは、契約更新が近づいていることを打ち明けた。

「それでもチームは良く戦い、(ロベルト)マンチーニ監督が来てから、チームは良くなったと思う。来シーズンは偉大なインテルの姿が見られるだろう。自分はインテルに残りたいと思っている。契約更新もほぼ合意に達している」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る