FOLLOW US

ミランの新星マストゥール、両親の母国であるモロッコ代表を選択か

ミランに所属するマストゥール(右)[写真]=Getty Images

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランの若手FWハキム・マストゥールがモロッコ代表を選択したと、30日付けのイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。

 モロッコ代表は、6月12日にリビア代表との国際親善試合に臨む。同紙によると、今月18日に発表された候補メンバー30名の中に名前があったマストゥールは、モロッコサッカー連盟に招集を受けると伝えたという。

 イタリアとモロッコの二重国籍を持っているマストゥールは、両親や代理人と相談した上で、両親の母国であるモロッコでプレーする意志を固めた模様。一度、A代表の公式戦に出場すると、その後にプレーする国を変えることができないため、U-16イタリア代表でプレーするマストゥールがモロッコのA代表でプレーした時点で、イタリア代表のユニフォームを着ることができなくなる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO