2015.05.21

値千金の同点弾決めたキエッリーニ「このトロフィーを望んでいた」

キエッリーニ
コッパ・イタリア優勝トロフィーを掲げるキエッリーニ [写真]=Getty Images

 ユヴェントスは20日、コッパ・イタリア決勝でラツィオと対戦し、延長戦の末2-1の勝利を収めた。この試合で同点ゴールを決めたイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが喜びのコメントを残している。同日、イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えた。

 開始早々、ラツィオに先制点を許したユヴェントスだったが、11分にセットプレーからキエッリーニが左足ボレーで貴重な同点ゴールを挙げて試合を振り出しに戻す。その後両者譲らず延長戦に突入すると、97分にイタリア代表FWアレッサンドロ・マトリが決勝ゴールを決め、ユヴェントスが20年ぶりに同大会の優勝を果たした。

 この試合で、イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンに代わりキャプテンマークを巻いたキエッリーニは「ラツィオは強く、困難な相手だった。でも僕たちは諦めることなく戦ったよ。このチームには試合を決められる選手がいるんだ」と、難しい試合で勝利を掴み取ったチーム力に自信を見せている。

 そして優勝について、「僕たちは20年もの間、この大会で優勝できずにいた。本当にこのトロフィーを望んでいたんだ」と述べ、1994-95シーズン以来のコッパ・イタリア優勝を喜んだ。

 すでにセリエA制覇を決めているユヴェントスは、これで今シーズン2つ目のタイトルを獲得。クラブ史上初の3冠達成に向け、6月6日にチャンピオンズリーグ決勝でバルセロナと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る