2015.05.20

トッティもジェラード称賛「イングランドではなく世界のトップ3」

トッティ
2002年、CLで対戦した時のトッティ(左)とジェラード(右)[写真]=Getty Images

 ローマに所属する元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが、今シーズン限りでリヴァプールを退団する元イングランド代表MFスティーヴン・ジェラードについてコメントしている。16日、ローマ公式HPが伝えた。

 ジェラードは今夏、MLSのロサンゼルス・ギャラクシーへ移籍することが決まっており、16日に行われたプレミアリーグ第37節クリスタル・パレス戦が、本拠地アンフィールドでプレーする最後の試合となっていた。

 トッティは、「彼はトップ3の選手だ。イングランド国内の話ではなく、世界のトップ3だ。完璧な選手で、若い頃から今まで常に影響を与え続けている。近くで見て、楽しみたい選手だね。リヴァプールのファンは、彼のようなキャプテンがいることを誇りに思うべきだ」と、称賛している。

 ジェラードはリヴァプールで17年間プレーしたが、トッティもローマ一筋で今年22年目を過ごした。1チームのために戦い続けることを、同選手が重要視していると、コメントからも読み取ることができる

「俺が思うに、世界中の人がジェラードはリヴァプールのレジェンドだと知っているはずだ。1つのチームのためにプレーし続け、クラブのために戦い続けた。彼が成し遂げた全てのことは尊敬され、感謝されるべきだろうね」

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る