FOLLOW US

イタリア・ダービーに途中出場の長友「負ければどうしようもない」

ユヴェントス戦に途中出場した長友 [写真]=Getty Images

 インテルは、16日に行われたセリエA第36節でユヴェントスとホームで対戦。1-2で敗戦を喫した。71分から途中出場したインテルの日本代表DF長友佑都は試合後、「チームが負ければどうしようもない」と振り返った。

「運動量を多く攻撃にどんどん絡んでいこう」と試合に入った長友だが、チームは逆転負け。「(自分の)パフォーマンスがよくてもチームが負ければどうしようもない」と語った。

「僕はチームが勝つために入ったし、(ロベルト)マンチーニ監督もそれを望んでいた」と口にする。名門同士の対戦である“イタリア・ダービー”での敗戦となったが、「仕事ができなかったという意味では、しっかりと自分を見つめ直してまた明日からやるしかない」と、切り替えに努めていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO