2015.05.12

インテル前会長、今夏移籍が噂のY・トゥーレに言及「獲得は難しい」

Y・トゥーレ
今夏の移籍が噂されているマンCのY・トゥーレ [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルのマッシモ・モラッティ前会長が、マンチェスター・Cに所属するコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレの獲得について言及した。イタリアメディア『Fcinternews.it』が伝えている。

 モラッティ前会長は同メディアのインタビューに答え、今夏の移籍市場でインテルが獲得に乗り出すと噂されているY・トゥーレについて言明。「トゥーレの獲得は、そんなに簡単なものではない。なぜなら多くのクラブが関心を抱いているからだ。獲得できれば、とても大きな補強になるだろう」と語り、獲得が難航する可能性が高いと主張した。

 Y・トゥーレは、マンチェスター・Cとの契約が2017年6月30日までとなっているものの、今夏での退団の噂が高まっており、マンチェスター・Cを指揮し、同選手を指導した現インテルのロベルト・マンチーニ監督が獲得を熱望していることをすでに明らかにしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る