FOLLOW US

背番号10が躍動…本田2アシストの活躍でミランがローマ下し6戦ぶり勝利

2アシストの活躍を見せた本田(右) [写真]=Getty Images

 セリエA第35節が9日に行なわれ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランローマが対戦した。本田は3試合連続の先発出場となった。

 前節のナポリ戦では、開始43秒でイタリア代表DFマッティア・デ・シリオが一発退場となり、厳しい戦いを強いられた。終盤まで0-0で持ちこたえたものの、結局0-3で敗れて5試合未勝利の3連敗となった。この試合では連敗を止め、6試合ぶりとなる勝利を目指す。

 最初にチャンスを作ったのはミラン。13分、左サイドのルカ・アントネッリがペナルティエリア横まで持ち込むと、浮き球のパスに反応した本田がボレーシュート。しかし、ここはGKモルガン・デ・サンクティスの好セーブに遭ってしまう。

 一方のローマにもチャンス。16分に右CKからコスタス・マノラスがヘディングシュートを放ったが、惜しくも右ポストに弾かれてしまう。

 ミランは18分、中央でボールを持った本田が強烈なミドルシュートを放ったが、ここは枠の上に外れてしまった。

 30分、ローマにアクシデントが発生する。ジェルヴィーニョが太ももを痛め、アデム・リャイッチとの負傷交代を余儀なくされる。

 その後はミランが徐々にペースを握っていく。36分、マルコ・ファン・ヒンケルが右足でクロスを上げると、ジャコモ・ボナヴェントゥーラがヘディングで合わせたが、再びデ・サンクティスが好守を披露した。直後の40分、カウンターから右サイドを突破した本田がゴール前に折り返すと、走り込んだファン・ヒンケルがこれを合わせてミランが先制点を挙げた。このまま1-0でミランがリードして前半を折り返す。

 後半立ち上がりもミランの“背番号10”が見せる。59分、CKの流れから右サイドでボールを受けた本田が縦へのドリブル突破。右足でクロスを上げると、ゴール前のマッティア・デストロが頭で合わせて、ミランが追加点を奪った。本田はこの試合2アシストの活躍。

 67分、ミランはアントネッリが負傷によりサルヴァトーレ・ボッケッティと交代。ローマは70分にミラレム・ピアニッチを下げてフランチェスコ・トッティを投入する。すると73分、途中出場のフアン・イトゥルベがペナルティエリア内で倒されたとして、ローマにPKが与えられる。これをトッティがGKディエゴ・ロペスに触られながらもなんとか決めて、1点差に詰め寄った。

 逃げ切りを図るミランは、86分にアレックスを下げてフィリップ・メクセスをピッチに送り込む。

 このまま試合は終了し、ミランが2-1でローマを下した。ミランにとっては6試合ぶりの白星となった。なお、本田はフル出場を果たしている。

【スコア】
ミラン 2-1 ローマ

【得点者】
1-0 40分 マルコ・ファン・ヒンケルミラン
2-0 59分 マッティア・デストロミラン
2-1 73分 フランチェスコ・トッティ(ローマ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO