FOLLOW US

低迷ミラン、主将モントリーヴォが金属物の除去手術…復帰は来季に

今季復帰が絶望的となったモントリーヴォ [写真]=Getty Images

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランは主将のMFリッカルド・モントリーヴォが、昨年5月に左足頸骨骨折の手術を行った際の金属物を除去する手術を行うこととなった。クラブ公式チャンネル『ミラン・チャンネル』が5日に伝えた。

 同メディアは、「頸骨は完全に完治したが、明日(6日)に金属物を取り除く手術を行う。2015-16シーズンのトレーニングキャンプ初日に向けて準備ができるだろう」と報じており、この結果、今シーズンの4試合を残し、一足早くシーズンを終えることとなった。

 モントリーヴォは昨年5月31日に行われ、イタリア代表として出場したアイルランド代表との親善試合で骨折の重傷を負い、ブラジル・ワールドカップを欠場。今シーズンのセリエAでは、第13節のウディネーゼ戦で復帰を果たすも、第25節のキエーヴォ戦を最後に出場から遠ざかり10試合の出場に留まった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO