FOLLOW US

ユーヴェが5位サンプを下し4連覇達成…CLレアル戦に向けて弾み

得点を喜ぶユヴェントスイレブン [写真]=Getty Images

 セリエA第34節が2日に行われ、サンプドリアとユヴェントスが対戦した。

 前節、ユヴェントスはホームでフィオレンティーナに逆転勝利を収めながら、2位のラツィオが勝利したため優勝を決めることは出来なかった。しかし、今節はサンプドリアに引き分け以上で31回目のセリエA優勝が決まる。また、5日にはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント準決勝ファーストレグのレアル・マドリード戦を控えており、イタリア代表MFアンドレア・ピルロやスペイン代表FWアルバロ・モラタらを温存して試合に臨んだ。

 最初に決定機を迎えたのはホームのサンプドリア。10分、ロベルト・ソリアーノのシュートはブロックされたが、こぼれ球を拾ったペドロ・オビアングがミドルシュートを狙ったが、ここはゴールの右に外れた。

 ユヴェントスはここまで大きなチャンスを作れずにいたが、ついに均衡を破ることに成功する。32分、右サイドのステファン・リヒトシュタイナーが一度切り返し、左足でクロスを上げると、ファーサイドのアルトゥーロ・ビダルがヘディングシュート。ボールは右ポストに当たりながらゴールネットを揺らし、優勝に向けて大きな先制点を奪った。このまま1-0で前半を終える。

 後半立ち上がりの56分、カウンターからロベルト・ペレイラがドリブルで持ち上がり、ペナルティエリア左のカルロス・テベスにパス。テベスは一度倒れながら中央に折り返すと、これを受けたビダルが後ろから上がってきたクラウディオ・マルキージオへパス。マルキージオはダイレクトでシュートを放ったが、ゴール左上に外れてしまった。さらに58分にもテベスがペナルティエリア手前からシュートを放ったが、ここはGKエミリアーノ・ヴィヴィアーノがなんとか弾き出した。

 サンプドリアも反撃に出る。65分、サミュエル・エトオのパスに抜けだした途中出場のゴンサロ・ベルヘッシオが右足シュートを放ったが、ここはレオナルド・ボヌッチが懸命のブロックを見せて得点を許さない。

 85分にはユヴェントスに決定機。左サイドのマルキージオが上げたクロスにボヌッチが頭で合わせたが、ここはわずかにゴール左に外れてしまう。

 このまま試合終了のホイッスルを迎え、ユヴェントスが1-0でサンプドリアを下した。この瞬間にユヴェントスの4シーズン連続通算31回目の優勝が決まった。

 次節、ユヴェントスはホームにカリアリを迎える。

【スコア】
サンプドリア 0-1 ユヴェントス

【得点者】
0-1 32分 アルトゥーロ・ビダルユヴェントス


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO