2015.05.02

ミラン買収交渉は決着つかず…現会長が株式51%キープの可能性も

ベルルスコーニ
ミランのベルルスコーニ会長(左) [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランの買収問題について、シルヴィオ・ベルルスコーニ会長は「私が株式の51パーセントを持つ可能性もある」と明かしている。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が2日に報じた。

 ベルルスコーニ会長は、同日にミラノ市内のホテルで、通称『ミスター・ビー』ことタイの実業家ビー・タエチャウボル氏と買収について交渉を行った。その後、ホテルで待機していた記者団に対して、同会長は、「私の感心事は、ミランがイタリア、ヨーロッパ、そして世界で輝きを取り戻すことだ」と語ると、「ミランの未来に関して全ての可能性を明確にするため、我々は数回のミーティングを行ってきた」とコメントした。

 そして、「ミスター・ビーとは友達になれたよ。我々は、ともに良い仕事ができると思っている。この取引で、ミランというブランドが世界一のものとなり、アジアの国々でのマーケットも拡大されるだろう。まさに我々が取り組んでいることだよ」と、タエチャウボル氏の経営参加が決定したことを示唆。

 さらに、「交渉はまだ行われている」とまだ買収の決着が付いていないとし、「私が株式の51パーセントを持つ可能性もある」と明言。ベルルスコーニ会長は株式を売却することで合意に至った模様だが、オーナーとして残留する可能性もあると語ると、「まだ会長かって?そうだ」とコメントしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る