2015.04.30

破産宣告のパルマ、5試合残して降格が決定…2部リーグ以下の可能性も

パルマ
降格が決まったパルマ [写真]=Getty Images

 3月に破産宣告を受けたパルマが、今シーズンのセリエA5試合を残して、セリエB(イタリア2部リーグ)への降格が決定した。

 パルマは、29日に行われたセリエA第33節でラツィオと対戦し0-4で敗戦。勝ち点を伸ばすことはできず「16」で最下位をキープ。一方で、降格圏外の17位につけるアタランタは、同日にチェゼーナと2-2で引き分けに終わり、1ポイントを獲得し、勝ち点「32」に伸ばした。これにより、残り5試合でパルマが17位以上に浮上できないことが決まり、2部降格が決定している。

 パルマは今シーズン、パルマは給料未払いや所得税滞納により勝ち点をはく奪され、経営難から試合を延期する事態にもなっていた。3月に破産宣告を受け、その後はインテルに引き分け、首位のユヴェントスやウディネーゼ、パレルモなどに勝利し健闘を見せていたが、セリエB降格が確定した。

 なお、現在スポーツ部門を売り出しているパルマは、新たな買い手が見つからず負債の返済がなければ、セリエB以下のリーグに降格となる処分を受ける可能性もある。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る