FOLLOW US

テベスの2ゴールでユーヴェが逆転勝利…リーグ4連覇に王手をかける

フィオレンティーナ戦で得点を決めたテベス [写真]=Getty Images

 セリエA第33節が29日に行なわれ、ユヴェントスとフィオレンティーナが対戦した。

 ユヴェントスは、前節トリノとの“トリノ・ダービー”に敗れ、スクデット獲得を目前にして足踏みとなった。今節対戦するフィオレンティーナとは3月と4月にコッパ・イタリアの準決勝で対戦しており、1勝1敗だったものの2試合合計スコアでユヴェントスが決勝に駒を進めていた。

 最初に決定機を迎えたのはユヴェントス。20分、ペナルティエリア内右でクラウディオ・マルキージオから縦パスを受けたフェルナンド・ジョレンテが反転してシュートを狙ったが、ここはGKネトの正面だった。

 するとフィオレンティーナに大きなチャンスが訪れる。32分、ユヴェントスのアンドレア・ピルロがペナルティエリア内でホアキン・サンチェスを倒してしまい、フィオレンティーナにPKが与えられる。これをゴンサロ・ロドリゲスが右上に決めてフィオレンティーナが先制する。フィオレンティーナにとっては今シーズン5度目のPKで初めて得点することが出来た。

 しかし直後の36分、ユヴェントスのステファノ・ストゥラーロが左サイドでFKを獲得。キッカーのピルロがクロスを入れると、ジョレンテが頭で合わせてすぐさま同点に追いついた。

 さらに前半アディショナルタイム、左サイドのパトリス・エヴラがアーリークロスを上げると、フリーで飛び込んだカルロス・テベスがヘディングで決めて逆転に成功した。

 逆転を許したフィオレンティーナだったが再びチャンスを掴む。67分、またしてもホアキンがペナルティエリア内でジョルジョ・キエッリーニに倒されてフィオレンティーナにPKが与えられた。しかし、G・ロドリゲスがこれを右に外してしまい同点に追いつけなかった。

 ピンチを免れたユヴェントスが追加点を獲得する。70分、マルキージオがDFラインの裏へ浮き球のパスを送ると、抜けだしたテベスがペナルティエリア右に進入。そのまま右足を振りぬくと、ボールはゴール左下に決まりユヴェントスが3点目を奪った。

 終了間際の90分には、フィオレンティーナのヨシップ・イリチッチが直接FKをゴール左上に決めて1点差に迫った。

 しかし、このまま試合は終了し、ユヴェントスが3-2でフィオレンティーナを下した。しかし、同日行なわれた2位のラツィオが勝利したため、ユヴェントスの今節での優勝は無くなった。

 次節、ユヴェントスは敵地でサンプドリアとフィオレンティーナはホームでチェゼーナと対戦する。

【スコア】
ユヴェントス 3-2 フィオレンティーナ

【得点者】
0-1 33分 ゴンサロ・ロドリゲス(PK)(フィオレンティーナ)
1-1 36分 フェルナンド・ジョレンテユヴェントス
2-1 45+1分 カルロス・テベスユヴェントス
3-1 70分 カルロス・テベスユヴェントス
3-2 90分 ヨシップ・イリチッチ(フィオレンティーナ)


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO