2015.04.28

トリノ・ダービー、紙爆弾はユーヴェ側エリアから投げ入れ…現地警察が断定

セリエA第32節でトリノとユヴェントスが対戦した [写真]=Getty Images

 イタリアの警察は27日、前日に行われたトリノ対ユヴェントスのセリエA第32節で、10人の負傷者を出した紙爆弾が、ユヴェントス・サポーターのエリアから投げられたものであると特定した。イタリア紙『コッリエーレ・デッロ・スポルト』が報じている。

 警察は、トリノ対ユヴェントス戦のビデオ映像を解析。一時は、紙爆弾がトリノ・サポーターのエリアから投げられたものとの可能性も浮上したが、ユヴェントス・サポーターのエリアから投げられたものだと断定した。人物についての特定には至っていない。

 一方、レーガ・セリエAのスポーツ判事、ジャンパオロ・トーゼル氏は、処分を決定するための材料が乏しいため処分を見送り、処分の判定をイタリア・サッカー連盟の検事局に委ねている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
53pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る