FOLLOW US

フィオレンティーナに痛手…ババカルが右ひざじん帯損傷で今季絶望

ヴェローナ戦に出場していたババカル(左)[写真]=Getty Images

 フィオレンティーナのFWクマ・ババカルが、右ひざじん帯を損傷していることが判明した。21日にクラブ公式HPが伝えた。

 ババカルは20日に行われたセリエA第31節のヴェローナ戦で55分から途中出場も、62分に右ひざを痛め、交代を強いられていた。21日に精密検査を実施した結果、当初の予想よりも重傷であることが判明し、全治約6週間と診断されている。これにより、5月31日に行われるセエリエA最終節に間に合わないことが分かり、一足早くシーズンを終えることとなってしまった。

 現在22歳のババカルは、今シーズンのセリエAでチーム最多の7ゴールをマーク。16日のヨーロッパリーグ決勝トーナメント準々決勝、ディナモ・キエフとのファーストレグでは、アディショナルタイムに起死回生の同点弾を叩き込み、土壇場で1-1の引き分けに持ち込んでいた。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA