2015.04.20

痛み分けのダービー…インザーギ監督「残り7試合に勝利する」

フィリッポ・インザーギ
ダービーに臨んだインザーギ監督 [写真]=Getty Images

 セリエA第31節が19日に行われ、日本代表FW本田圭佑の所属するミランは、同DF長友佑都が所属するインテルと対戦し、0-0の引き分けに終わった。

 フィリッポ・インザーギ監督が試合後にイタリアメディア『Rai』のインタビューに応えている。

 インザーギ監督は、「順位を落とすことはなかった。今日の試合、2チームともに勝利を欲し、このような場合はしばしば引き分けに終わるものだ。インテルは最初の時間、良いスタートを切った。それから我々が試合を掌握し、スソと(イニャツィオ・)アバーテの右サイドからとても上手くチャンスを作り出した。ここから得点に結びつけなければならなかった」と語り、右サイドが攻撃の起点となったと振り返った。

 さらに「後半になって、再びインテルが巻き返し、我々は敗れる危険もあった。これからあと7試合。これらの試合に勝利し、我々がどの順位になるのか見てみようじゃないか。ミランは、異なる戦いの場に慣れているが、チームの成績は残念ながらサイクルによって作られている。1月と2月の戦いは悲劇的なもので、多くを失った勝ち点が我々に重くのしかかっている」と続けた。

 FWジェレミー・メネズについては、「彼は型にはまらない特徴を持ったフォワード。終盤には、(アレッシオ・)チェルチと(マッティア・)デストロを投入したが、勝利を手繰り寄せることはできなかった」と言明。そして去就については「絶対にミスを犯さない監督など存在しない。今は選手のことを以前よりも良く分かっている。それゆえ、これからはもっと上手くやれると思う」と、終盤戦に向けて自信を示した。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング