2015.04.15

フィオレティーナ、主将パスクアルと2016年までの新契約を締結

パスクアル
PAOK戦で直接FKを決め喜ぶパスクアル [写真]=Getty Images

 フィオレンティーナは14日、イタリア代表DFマヌエル・パスクアルとの新契約締結を発表した。

 従来の契約は2015年6月30日までの今シーズン限りのものとなっていたが、新たに2016年6月30日までの契約を締結している。

 現在33歳のパスクアルは、2005年夏にアレッツォからフィオレンティーナに加入。2012-13シーズンから主将を務め、チーム最古参として10年目を迎える今シーズンは、16試合の出場に留まっているが、ヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦のPAOK戦でFKを直接叩き込み、欧州カップ戦で自身の初ゴールをマークしている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング