FOLLOW US

8連勝で2位浮上…快進撃のラツィオ指揮官「この瞬間を嬉しく思う」

エンポリに大勝を収めたラツィオイレブン [写真]=Getty Images

 セリエA第30節が12日に行われ、ラツィオはホームでエンポリと対戦し4-0と快勝を収めた。試合後、チームを率いるステファノ・ピオーリ監督が、イタリアメディア『Rai』のインタビューに応えている。

 2月に行われたリーグ第22節のジェノア戦に敗れて以降、破竹の8連勝を収め、宿敵ローマをかわして2位に浮上したラツィオ。チームの快進撃にピオーリ監督は「1試合1試合考えてきて、ここまでたどり着いた。これからも今日のように続けていかなければならないが、この瞬間をとても嬉しく思う。目標は欧州の舞台に返り咲くこと。だが、まだそれが確かになるようなものは何もない。我々のコンディションは良く、必要であれば苦しみながら戦い抜く術も知っている」と、まだヨーロッパのカップ戦の出場権を獲得したわけではないと主張。

 続けて「今日は重要な試合で、我々はピッチで素晴らしい気持ちの強さを示した。この道をしっかりと歩み続ていく。なぜならば、まだリーグ戦は終わっていないからだ」とこれからも継続して結果を残すことを目標とした。

 また、スタジアムで声援を送るサポーターに対しては「サポーターには感謝の意を述べたい。とても素晴らしい感動を我々に与えてくれた。彼らが我々の近くにいてくれれば、大きな目標にたどり着くことは可能だ」と、感謝の言葉を述べている。

 今後に向けては「我々は2つのコンペティション(セリエAとコッパ・イタリア)を戦っているが、できる限り良い結果をもたらさなければならない」と、最後まで戦い抜くことを誓った。

 次節、ラツィオは敵地で首位ユヴェントスと対戦する。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA