FOLLOW US

本田欠場のミラン、約半年ぶりの連勝…チェルチは移籍後初ゴール

ゴールを喜ぶミランの選手たち [写真]=Getty Images

 セリエA第29節が4日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランは敵地でパレルモと対戦した。

 2日の練習中に足首を負傷した本田はこの試合を欠場。ミランは前線に左からジェレミー・メネズマッティア・デストロアレッシオ・チェルチを並べた。

 パレルモはパウロ・ディバラを中心にゴールに迫る。13分、ディバラが左サイドでパスを受けると、そのままペナルティエリアに切り込み左足シュートを放ったが、ゴール左に外れる。23分にはディバラが左サイド深い位置から中央に折り返し、フランコ・バスケスがシュートを放ったが、ディエゴ・ロペスが体を張ったセーブを見せる。

 押され気味のミランだったが、一瞬の隙を突きカウンターを仕掛ける。37分、中央のメネズが右サイドに展開すると、最後は左サイドをオーバーラップしたマルコ・ファン・ヒンケルが中央にグラウンダーのクロスを入れる。一度はステファノ・ソレンティーノが防ぐが、ゴール前に飛び込んだチェルチがこぼれ球を押し込み先制。チェルチにとっては、移籍後初ゴールとなった。直後、エドガル・バレードのゴールでパレルモが同点に追いついたかに思われたが、これはオフサイドの判定。ミランの1点リードで前半を終える。

 早く1点を返したいパレルモは59分にCKのチャンスを得る。ファーサイドへのクロスにバスケスが右足で合わせたが、シュートは右サイドネットを揺らすにとどまった。すると70分、スルーパスに抜け出したアンドレア・ベロッティがガブリエル・パレッタのファウルを誘いPKを獲得。これをディバラがゴール右隅に流し込み同点とする。

 ミランは76分、チェルチとデストロを下げて、スソジャンパオロ・パッツィーニを投入。スソミランでのデビューを飾った。82分、ジェレミー・メネズがハーフウェーライン付近でボールを奪うと一気に加速。相手選手2人を置き去りにしながらゴール前に持ち込むと、右足で強烈なシュートを突き刺した。これが決勝点となり、ミランが2-1で勝利。昨年10月の第6節、7節以来となるリーグ戦2連勝を収めた。

 次節、パレルモはアウェーでウディネーゼと、ミランはホームでサンプドリアとそれぞれ対戦する。

【スコア】
パレルモ 1-2 ミラン

【得点者】
0-1 37分 アレッシオ・チェルチミラン
1-1 71分 パウロ・ディバラ(パレルモ)(PK)
1-2 82分 ジェレミー・メネズミラン

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO