FOLLOW US

ユヴェントスが再びファルカオ獲得へ…代理人が可能性を示唆

去就に注目が集まるマンUのFWファルカオ [写真]=Man Utd via Getty Images

 ユヴェントスが今夏の移籍市場で、マンチェスター・Uに所属するコロンビア代表FWラダメル・ファルカオの獲得に再び動き出すかもしれない。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が27日に報じている。

 ファルカオの代理人を務めるジョヴァンニ・ブランキーニ氏がイタリアメディア『Gazzetta.tv』の番組に出演。昨夏にユヴェントスへの移籍が近づいていたことを明かした。

「我々は確かに近づいていた。移籍が現実になろうとしていたんだ。しかし、その後にマンチェスター・Uからの断れないオファーが来て、ユヴェントスへ移籍することができなくなった」

 今シーズン、モナコからマンチェスター・Uにレンタル移籍で加入したファルカオだが、リーグ戦19試合に出場し、そのうち7試合が途中出場。U-21チームの試合に出場するなど苦しいシーズンを送っている。得点も4ゴールのみと、当初の期待には応えられておらず、約4300万ポンド(約76億円)とされる買い取りオプションの行使はないと見込まれている。

 一方のユヴェントスも、来シーズン末に契約満了となるアルゼンチン代表FWカルロス・テベスが、契約延長の意思を示していない上、スペイン人FWフェルナンド・ジョレンテも退団する可能性があり、今夏にフォワードの補強を計画しているという。

 ブランキーニ氏は、「7月に何が起こるか見てみようじゃないか。我々がもう一度トライするかもしれない」と、移籍の可能性があることを示唆している。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO