FOLLOW US

今季絶望の診断から一転…代表で負傷のマルキージオ、軽傷で早期復帰か

イタリア代表に招集されていたMFマルキージオ [写真]=Getty Images

 イタリア代表での練習中に負傷したユヴェントス所属のMFクラウディオ・マルキージオだが、この診断結果に大きな食い違いが生じている。

 当初、代表チームの診断では重傷であることが判明。右ひざ前十字じん帯の損傷で、復帰まで最大で8カ月を要するとされ、今シーズンの復帰が絶望と見られていた。

 しかし、ユヴェントス側は27日にクラブ公式HPで、マルキージオに前十字じん帯の損傷は見つからなかったと発表している。「代表から戻ってきたマルキージオが、右ひざのMRI検査を受けた。その結果、前十字じん帯の損傷は見つからなかった」と説明し、「数日間休養して、日々のコンディションをチェックしていく」と伝えている。

 懸念されていたほどの長期離脱にならないのであれば、フランス代表MFポール・ポグバも負傷で欠くユヴェントスにとっては朗報となる。

 今回のマルキージオの負傷を受けて、ユヴェントスはイタリア代表の練習を批判。代表の医療チームにも不信感をつのらせている。サポーターも、同クラブの前監督であるアントニオ・コンテ監督に対して、SNSで怒りを露わにするなど大きな騒動に発展していた。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO