FOLLOW US

イタリアのアマチュアリーグで殴る蹴るの大乱闘…収集つかず試合中止に

 イタリアのエッチェッレンツァ(5部リーグに相当のアマチュアリーグ)の一戦で、大乱闘が勃発した。大手メディア『ユーロスポーツ』が26日に報じている。

 22日に開催されたラグーサ県のヴィットーリャとカターニア県のパテルノーによるシチリアを本拠地とする2チームの対戦で、事件は起こった。試合は開始9分にヴィットーリャのエンツォ・トルナトーレがろっ骨にひびが入るケガで病院に搬送されるなど序盤からヒートアップ。すると、ハーフタイムにスタジアムにつながる通路で両チームの選手が入り乱れて大乱闘に発展し、映像では殴る蹴るの暴行が確認されている。

 後半もキックオフされたが審判はすぐに試合の中止を決定。試合を運営する『レーガ・ディレッタンティ』は両チームを0-3の敗戦とし、600ユーロ(約7万8000円)の罰金を科した。また、乱闘に加わった両チームの選手に処分を下し、ヴィットーリャのヴィンチェンツォ・エスポージトに両チーム最大となる8試合の出場停止を命じている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO