FOLLOW US

ローマ所属のMFケイタ、左ひざのじん帯損傷回避もナポリ戦は欠場へ

フィオレンティーナ戦で負傷したMFケイタ(右)[写真]=Getty Images

 ローマに所属するMFセイドゥ・ケイタは25日に精密検査を受け、左ひざのねん挫と診断された。イタリア通信社『ANSA』が伝えている。

 ケイタはじん帯の損傷は回避したものの、4月4日に開催されるセリエA第29節のナポリ戦は欠場する見通しとなった。

 ケイタは、19日に行われたヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦、フィオレンティーナとのセカンドレグで左ひざを負傷。22日のセリエA第28節チェゼーナ戦を欠場していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO