FOLLOW US

元ドイツ代表のビアホフ氏が不振のポドルスキを擁護「容易ではない」

インテルに所属するルーカス・ポドルスキ Inter/Getty Images

 元ドイツ代表のオリバー・ビアホフ氏が、今冬にアーセナルからインテルに期限付き移籍したルーカス・ポドルスキについて語った。『fcinternews.it』が23日に伝えている。

 ビアホフ氏は、同胞で調子の上がらないポドルスキについて「彼は動くスペースを必要とする選手。この点でイタリアのサッカーはかなり難しい。解決しなければならない問題を抱えているインテルに移籍したということも考慮する必要がある。困難にある選手にとってそのようなところで自分自身の調子を上げることは容易なことではない」と語ると、

「彼のキャリアのために、問題がないクラブに行き、楽しんでプレーすることを優先できるよう、これからはしっかりと選択しなければならない」と続け、そもそも低迷するインテルに移籍したことが誤りであったとの見解を示した。

 大きな期待を背負ってインテルに加入したポドルスキだが、セリエAの9試合に出場し、無得点のままとなっている。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO