2015.03.20

給与未払い問題の名門パルマが遂に破産…負債総額は281億円か

マネンティ
18日に逮捕されたパルマのマネンティ会長 [写真]=Getty Images

 パルマは19日、クラブが破産宣告を受け、破産管財人の管理下に置かれたことをクラブ公式HPで発表した。

 13日、パルマはFIGC(イタリアサッカー連盟)から、給与未払い問題が解決していないために勝ち点2のはく奪処分を科された。すでに昨年12月、所得税滞納により勝ち点1をはく奪されていたパルマは、今シーズン2度目の処分となっていた。

 そして18日には、現在会長を務めるジャンピエトロ・マネンティ氏が、資金洗浄などの疑いで逮捕されるという異常事態に陥っている。

 19日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、パルマの負債総額は2億1844万ユーロ(約281億2400万円)に及ぶと見られ、スポーツ面での負債額は7400万ユーロ(約95億7000万円)で、選手に対する負債は6300万ユーロ(約81億1600万円)と伝えられた。

 なお20日には、22日に行われるセリエA第28節のトリノ戦を予定通り行うことも発表している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る