FOLLOW US

伊紙が本田を酷評…GK正面のシュートは「遊園地の射的のよう」

フィオレンティーナ戦に先発出場したFW本田圭佑 [写真]=Getty Images

 セリエA第27節が16日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはフィオレンティーナに1-2で敗れた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合に出場した選手の採点と寸評を発表。4試合ぶりに先発出場を果たした本田に「4.5」のチーム最低点をつけ、「あらゆるプレーをとてつもないほどに遅らせ、“ホンダ”の名声を高められず。GKネトの前から放ったシュートは、遊園地の射的でくまのぬいぐるみを射止めるように、相手の胸に放ったものだった。ぬいぐるみの商品は獲得したが、試合には敗北した」と、決定機を外した本田を酷評した。

 なお、ミランのチーム最高点は、DFガブリエル・パレッタで「7」の採点がつけられている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO