2015.03.10

2位との勝ち点差11に…決勝弾を喜ぶポグバ「優勝へ貴重なゴール」

ポール・ポグバ
決勝ゴールを決めたユヴェントスのMFポグバ [写真]=Getty Images

 セリエA第26節が9日に行われ、ユヴェントスはホームでサッスオーロと対戦し、1-0で勝利を収めた。この結果、2位ローマとの勝ち点差を今シーズン最大の11差とし、独走態勢に入っている。

 決勝ゴールを挙げたフランス代表MFポール・ポグバは試合後のイタリアメディア『メディアセット』のインタビューに答え、「チームにとって、そしてスクデット(リーグ優勝)獲得に向けてとても貴重なゴールとなった」と振り返った。

 そして、「これからもこのように続けていかなければいけない。サッスオーロはとても良いプレーをし、我々はとても苦しんだ。スクデット獲得へ持っている力全てを出さなければならない」と続け、18日に迎えるドルトムントとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグについては「簡単な戦いではない」と語り、気を引き締めていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る