2015.03.10

ポグバにバルサら7クラブが熱視線…代理人は移籍否定「99%残留」

ポール・ポグバ
CLドルトムント戦に出場したユヴェントスのMFポグバ(右)[写真]=Getty Images

 ユヴェントスに所属するフランス代表MFポール・ポグバの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏が、7つのクラブが同選手に関心を抱いていると認めた。9日、イタリア紙『トゥットスポルト』が報じている。

 ライオラ氏は、古巣のマンチェスター・Uをはじめ、マンチェスター・Cやチェルシー、レアル・マドリード、バルセロナ、パリSG、バイエルンが獲得を目指していると明言。「7つのクラブがポグバを求めているのは事実だ。パリSGやマンチェスター・Cなら、私の口笛ひとつでボグバを売ることが可能だ」と明かした。

 一方で、早期移籍の可能性を否定している。「私たちにはユヴェントスとの契約がある。ポグバにも、別のクラブを探して欲しいとは言われていない」と現状を説明すると、「彼はユヴェントスに99パーセント留まるだろう。もし移籍するならば、彼自身が移籍を求め、適切なクラブからのオファーがあったときだけだ。もちろん、1パーセント程度は移籍の可能性もあるだろうが、それはマーケット次第だ」と語っている。

 ポグバは今シーズン、リーグ戦22試合に出場して7ゴールを記録。ユヴェントスとは2019年までの契約を結んでいる。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る