FOLLOW US

次節がラストチャンスか…解任報道のミラン指揮官「前を向くだけ」

ミランを率いるインザーギ監督[写真]=Getty Images

 セリエA第26節が7日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはヴェローナと対戦し、リードして迎えた後半アディショナルタイムの失点により、2-2の引き分けに終わっている。7日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、チームを率いるフィリッポ・インザーギ監督の去就について報じた。

 インザーギ監督は試合後の会見で「解任?私に聞いてもわからないよ」と言葉を濁すも、「私はただ顔を上げて前を向くだけだ。そういうことはクラブが決定する」と、自身の姿勢を強調している。

 また、この試合の結果次第では、クラブが同監督を即座に解任することもあり得るとの報道が出ていたが、「来週の月曜日に再び会えるかって?私もそれを望んでいるよ」と同監督が語ったことにより、16日に行われるセリエA第27節、フィオレンティーナ戦がラストチャンスになるのではないかと、同紙は予想している。

 なお、クラブの副会長を務めるアドリアーノ・ガッリアーニ氏は試合後のロッカールームを訪れ、15分ほどたって出てきた時には怒りと失望の表情を浮かべていたという。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA