2015.03.02

連勝ストップを悔やむインテル指揮官「すぐに同点にできていれば」

マンチーニ
インテルのマンチーニ監督 [写真]=Getty Images

 セリエA第25節が1日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、ホームでフィオレンティーナと対戦し、0-1と敗れ連勝が3で途切れた。

 ロベルト・マンチーニ監督が試合後にイタリア・メディア『Sky』のインタビューに答えている。

「我々は最後まで高いレベルのプレーを見せた。相手は以前から全員が一体となってプレーする素晴らしいチームだということは分かっていた」

「フィオレンティーナがリードを奪ったことで、我々は困難に陥った。それでも同点を目指し、多くのチャンスを作った。もし早い時間に同点にできていたら、勝利することだって可能だったはずだ」と振り返ると

「両チームが勝利を欲して戦ったが、得点が生まれてからはそうではなくなった。我々は多くの可能性があった。サッカーとはこういうもの。すぐに同点にできていれば、勝利だってできたはずだ」と続け、すぐに同点にできなかったことへの悔しさを繰り返し示していた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る