2015.02.19

無所属のカッサーノ、中東と中国のオファーを拒否…希望はセリエAか

カッサーノ
現在無所属となっているカッサーノ [写真]=Getty Images

 パルマとの契約を解消し、現在無所属となっている元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが、複数のオファーを拒否したことが分かった。18日付のイタリアメディア『Sky』が報じている。

 カッサーノは1月末に、7カ月間にわたって給料が未払いだったパルマと双方合意の下で契約を解除していた。そんな同選手の下には、カタールとUAE(アラブ首長国連邦)、中国からオファーが届いていた模様。しかしカッサーノはそれらのオファーを拒否し、イタリア国内に絞って新天地の契約を探しているようだ。

 一部で噂されていたメジャー・リーグ・サッカー(MLS)への移籍については、「走れなくなってから」などと打ち明け、現状では考えていない様子。また、古巣バーリについても同クラブがセリエB(2部)に所属していることから、拒否したことも伝えられていた。

 カッサーノは希望通りセリエAでプレーを続けられるのか、去就に注目が集まる。

欧州リーグ順位表

チェルシー
6pt
トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る