2015.02.19

不調のビダル、ビジネスでは絶好調?競走馬売却で1億円の収益か

ビダル
チェゼーナ戦でPKを失敗したビダル [写真]=Getty Images

 ユヴェントスに所属するチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが、競走馬を売却し収益を得ていたことが明らかになった。18日付のイタリア紙『トゥットスポルト』が報じている。

 チリ国内大会ビーニャ・デル・マール・ダービーの優勝馬が200万ドル(約2億3600万円)で売却され、馬主の一人であるビダルは売却値の45パーセントを受け取ることとなると伝えられている。

 今シーズンのビダルは、15日に行われたセリエA第23節のチェゼーナ戦でPKを外すなど、低調なシーズンを過ごしている。しかし副業ビジネスでは、本業のサッカーよりも儲けているのではないかと揶揄されてしまった。

 ユヴェントスは20日、セリエA第24節でアタランタと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る