FOLLOW US

ヴィアレッジョ杯制覇のインテルFW「僕らは優勝を欲していた」

大会MVPに輝いたボナッツォーリ [写真]=Getty Images

 若手選手の登竜門の大会として知られるヴィアレッジョ・カップ決勝が16日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルのプリマヴェーラ(下部組織)が2-1でヴェローナを下し、2011年以来となる7度目の優勝を飾った。同大会の最優秀選手と得点王に輝いたU-21イタリア代表FWフェデリコ・ボナッツォーリがインタビューに応え、大会公式HPがコメントを伝えている。

 決勝トーナメントの4試合全てで得点を挙げる活躍を見せたボナッツォーリは、「僕らは優勝を欲し、それを成し遂げることができた。自分たちのサッカーをしつつ、優勝を勝ち取った」と、内容と結果がともなった大会を振り返った。

 続けて「今は、これからのことを考えずにこの瞬間を楽しみたい。(ヴェローナとの)決勝戦でのゴールは本当に嬉しく思う。ゴールを挙げたいと強く思っていたんだ。ゴールを挙げることはこの世界で最も素晴らしいこと。謙虚に戦ってきたおかげで結果を得ることができた。それと多少の運にも恵まれたね」と優勝の喜びを噛み締めている。

 17歳のボナッツォーリは今冬の移籍市場で、インテルからサンプドリアに完全移籍。今シーズンは、レンタル移籍の形でインテルに残留している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO