2015.02.17

元ミランのサッキ氏「イタリアのユースには黒人選手が多すぎる」

サッキ
イタリアのユース年代の現状を批判したサッキ氏 [写真]=Getty Images

 かつて日本代表FW本田圭佑が所属するミランやイタリア代表を指揮したアリゴ・サッキ氏が、イタリアのユース年代に外国人選手が多すぎることを批判した。16日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 1980年代後半にミランで指揮を執り、現代サッカーに大きな影響を与えたことで知られるサッキ氏。ピストイアのマエストリ賞の式典に出席した同氏は、ユース年代での試合でも有色人種が多すぎると話した。

「イタリアはプライドや尊厳を持っていない。我々はプリマヴェーラ(下部組織)に多くの外国人を持ちすぎている。ユースのセクションには黒人が多すぎる。私は人種差別主義者ではない。私が(フランク・)ライカールトと働いたことからでも分かるだろう。しかし、ヴィアレッジョトーナメント(U-20の大会)を見ていると、あまりにも有色人種がU-20のチームに多すぎると言える」

「私を人種差別主義者と思ったのなら、それは誤解だ。私が言っていることの全ては、チームに4名の有色人種の選手がいたのを見たということだ。経歴が語っている。私はいつも偉大な有色人種の選手がいるチームを指導してきた。彼らと契約してきた。ミランでも、アトレティコ・マドリードでもね。私の主張は、我々イタリアが国のプライド、アイデンティティを失っているということを強調したかっただけだ」

 イタリアでは昨年イタリアサッカー連盟(FIGC)の会長に就任したカルロ・タヴェッキオ氏が同じような発言をして活動停止処分を言い渡されており、人種差別が大きな問題となっている。

 その中で、ただ外国人と言うだけでなく黒人、有色人種とカテゴライズして口に出したことは、やはりある程度の差別意識があると解釈されることが考えられ、今後の論争に発展しそうだ。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る