FOLLOW US

“アグエロ2世”21歳のディバラにプレミアの複数クラブが熱視線

プレミアのクラブが獲得を狙うパレルモのFWディバラ [写真]=Getty Images

 パレルモのグリエルモ・ミッチケー副会長は9日、同クラブに所属するアルゼンチン人FWパウロ・ディバラに対して多くのクラブからオファーが届き、退団が濃厚であることを明かした。

 21歳のディバラは、今シーズンのセリエAで21試合に出場し11ゴールをマーク。アルゼンチンという国籍と抜群の得点感覚から、マンチェスター・Cのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロと比較され、一部では“アグエロ2世”とも称されている。

 ミッチケー副会長は、イタリア・メディア『Radio KIss KIss』のインタビューに応じ、注目のディバラについて「ヨーロッパの様々なクラブから多くのオファーを受けている。昨日は、(インテル戦が行われた)サン・シーロ・スタジアムに多くのイングランドのチームのスカウトが来ていた」と、プレミアリーグの複数クラブが視察に訪れていたと述べた。

 続けて「ディバラは退団するだろうが、どのクラブに移籍するのかは分からない。それに、チームの強化のためにパレルモに残るということも決してないとも言えない。たとえそれが、極めて難しい選択肢だとしてもだ」と、同選手が残留する可能性は極めて低いと言及している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO