FOLLOW US

ミラン副会長がFWデストロと直接交渉…去就は29日に決定か

ミラン移籍が噂されているデストロ [写真]=Getty Images

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長は28日、獲得を目指しているローマのイタリア代表FWマッティア・デストロと直接交渉を行った。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

 ガッリアーニ副会長は同日、デストロの自宅において本人や代理人と約1時間にわたって話し合いを行った。この件について、同副会長は「交渉の中身を話すことはできないが、デストロの去就については29日中に決まるだろう」とコメント。さらに「デストロ自身が去就を決めることになる。私は楽観的でも悲観的でもない。期限付き移籍で、買い取りの義務は付かないものとなるだろう。繰り返すが、デストロが29日の午前中に去就を決める」と述べた。

 また、ガッリアーニ副会長は「ローマとは既に契約を結んだ。(サンプドリアの)オカカがデストロの代役? デストロとの契約がどうなるかが先だ。デストロの去就に関わらず、パッツィーニは残留する」と続け、デストロの所属先であるローマとは合意に達したことを明かしている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO