2015.01.25

暴力行為で一発退場のメクセスが謝罪「本当に間違ったことをした」

フィリップ・メクセス
ラツィオ戦で一発退場処分を受けたミランのDFメクセス(中央)[写真]=Getty Images

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランは24日、セリエA第20節でラツィオと対戦し、1-3で敗れた。

 ミランは開始早々にFWジェレミー・メネズのゴールで先制するも、試合はラツィオペースで進む。ミランのリードで迎えた後半、47分に同点。その4分後にはFWミロスラフ・クローゼにゴールを許し、81分には試合を決定付ける3点目を奪われて逆転負けを喫した。終盤には、DFフィリップ・メクセスがラツィオのMFステファノ・マウリに対する暴力行為で一発退場処分になった。

 メクセスは試合後、「クラブやサポーター、チーム、そして家族に謝らなくてはならない。本当に間違ったことをした」と反省の言葉を口にした。クラブ公式HPが伝えている。

「残念ながら僕はミスを犯した。チームを10人にしたこと、出場停止になることを本当に残念に思っているし、申し訳なかったと反省している。僕のキャリアではこのようにピッチの上で起こってはいけないことが何度かあった」

 ミランは27日にコッパ・イタリア準々決勝で再びラツィオと対戦する。リーグ戦5試合白星なしと不振に陥っているミランには、フィリッポ・インザーギ監督の解任説も浮上。次のラツィオ戦でベスト4進出を決め、流れを変えたいところだ。

 メクセスは「チームメイト同士、そして、監督と僕らはとても近い距離感にいる」と話し、「だからこそ、悪い流れから脱出できるように努めたい。それには勝利が必要だ。今、僕らにとってはすべての試合が決勝なんだ。火曜日の試合はそれ以上だ。絶対にリベンジするよ」と、不振脱却に向けて勝利を誓っている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る