FOLLOW US

シャキリ移籍後初得点…インテル、2人退場のサンプ破りべスト8へ

先制ゴールを挙げて喜ぶシャキリ(中央) [写真]=Getty Images

 コッパ・イタリア5回戦が21日に行われ、インテルとサンプドリアが対戦した。

 試合は序盤から波乱の展開となる。12分、ジェルダン・シャキリのパスに抜け出したマウロ・イカルディがネナド・クルスティチッチに倒される。このプレーでクルスティチッチは退場となり、サンプドリアは10人での戦いを強いられることになった。

 その後はインテルがサンプドリアを押し込む。しかし、36分に訪れたPKのチャンスでイカルディのキックがセルヒオ・ロメロにセーブされるなど、得点を奪えない状況が続いた。

 試合が動いたのは72分。インテルはペナルティーエリア内でボールを受けたルーカス・ポドルスキのヒールパスから、最後はシャキリが移籍後初得点となるゴールを決めて先制した。

 リードを許したサンプドリアは77分、パヴェウ・ヴショウェクがこの試合2枚目のイエローカードを受けて退場。2人少ない状況になる。すると88分、インテルは相手のバックパスをカットしたイカルディが貴重な追加点を挙げた。

 このまま試合は終了。2-0で勝利を収めたインテルが、準々決勝進出を決めている。

【スコア】
インテル 2-0 サンプドリア

【得点者】
1-0 72分 ジェルダン・シャキリ(インテル)
2-0 88分 マウロ・イカルディ(インテル)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO