2015.01.21

浮上のきっかけ掴みたいミランに痛手…ボネーラとデ・ヨングも負傷

ミラン
アタランタ戦に出場したボネーラ(左)とデ・ヨング(右)[写真]=Getty Images

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランは20日、元イタリア代表DFダニエレ・ボネーラとオランダ代表MFナイジェル・デ・ヨングが負傷したことを発表した。

 左足内転筋を負傷していたボネーラは、18日に行われたセリエA第19節のアタランタ戦に先発出場するも、再び負傷。前半での途中交代を余儀なくされていた。クラブ公式HPによると、左大腿二頭筋の損傷が認められたため、約2週間後に再検査を行うという。

 一方の、デ・ヨングは右太ももを負傷。重傷ではないとしているが、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は約10日間の離脱になると伝えている。

 ミランは、イタリア代表DFマッティア・デ・シリオとコロンビア代表DFクリスティアン・サパタが負傷離脱したばかり。どちらも復帰まで1カ月以上を要する見込みで、守備陣の離脱は大きな痛手となりそうだ。

 2015年に入ってからリーグ戦3試合で1分け2敗と、現在8位に位置するミランは、チャンピオンズリーグ出場権内の3位ナポリとは勝ち点差7に開いている。アタランタ戦でも好守が噛み合わず、0-1と力なく敗れ、不甲斐ないチームにシルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長が怒りを露わにしていた。

 苦しい状況の中で、まずはリーグ戦で5試合ぶりの白星を手にできるか。ミランは24日のセリエA第20節、27日のコッパ・イタリア準々決勝で、それぞれ5位のラツィオと対戦する。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る