2015.01.14

イタリア杯でミランがリーグ戦のリベンジ…土壇場の決勝点で8強進出

ナイジェル・デ・ヨング
決勝点を挙げたミランのMFデ・ヨング [写真]=Getty Images

 コッパ・イタリアのベスト16が13日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランとサッスオーロが対戦した。



 6日のセリエA第17節で対戦している両チーム。その際は、サッスオーロが2-1で勝利を収めた。ミランは、今冬にアトレティコ・マドリードから加入したイタリア代表MFアレッシオ・チェルチを右FWで先発起用し、中央にFWジャンパオロ・パッツィーニ、左にFWステファン・エル・シャーラウィを配置。対するサッスオーロは、FWドメニコ・ベラルディやFWシモーネ・ザザらを温存して試合に臨んだ。

 先制したのはミラン。38分、右サイドからチェルチが低めのクロスを入れると、ゴール前のパッツィーニがボレーで合わせた。ミランの1点リードで折り返した後半、63分にDFクリスティアン・サパタがFWレオナルド・パヴォレッティに対するファウルでPKを献上。これをFWニコラ・サンソーネが冷静に沈め、同点に追いつく。

 残り10分を切り、ミランはチェルチに代えてMFリッカルド・モントリーヴォを、サッスオーロはパヴォレッティに代えてザザを投入する。すると86分、ゴール前のMFアンドレア・ポーリが放ったシュートは惜しくもクロスバーに弾かれるが、こぼれ球をMFナイジェル・デ・ヨングが押し込み、土壇場で勝ち越しに成功する。サッスオーロは、ベラルディとFWアントニオ・フローロ・フローレスを送り込んでゴールを狙うが時間切れ。ミランが2-1で勝利を収め、準々決勝進出を決めた。

 ミランは準々決勝で、トリノ対ラツィオの勝者と対戦する。なお、ベスト8は一発勝負。準決勝はホーム&アウェー方式で行われ、一発勝負に戻る決勝は6月7日にローマのスタディオ・オリンピコで開催される。

【スコア】
ミラン 2-1 サッスオーロ

【得点者】
1-0 38分 ジャンパオロ・パッツィーニミラン
1-1 63分 ニコラ・サンソーネ(サッスオーロ)
2-1 86分 ナイジェル・デ・ヨングミラン

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る