FOLLOW US

サンプ指揮官、ラツィオの21歳MFを称賛「C・ロナウドのよう」

サンプドリア戦で1得点を挙げたアンデルソン [写真]=Getty Images

 セリエA第17節が5日に行われ、ラツィオとサンプドリアが対戦。敵地に乗り込んだサンプドリアは0-3で敗れた。

 今年の初戦で完敗を喫したサンプドリアのシニシャ・ミハイロヴィッチ監督が、試合後のインタビューに応じた。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 ミハイロヴィッチ監督は「何をやってもうまくいかなかった試合。ただ、悲劇ではない。いつものような気持ちの強さが見られなかったが、ラツィオは強かった。そして(フェリペ)アンデルソンが、レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドのようだった。もう一度再出発しなければならない」と、コメント。1得点を挙げたラツィオの21歳、ブラジル人MFフェリペ・アンデルソンを称賛している。

 さらに「初めてサンプドリアとしてプレーすることができなかった。アグレッシブなプレーを出せなかった。少なくとも序盤は拮抗した試合のように思えたのだが。最初の得点で思うように動けなくなってしまい、そこから反撃することはできなかった」とコメント。最初の失点が痛かったと嘆いている。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA