FOLLOW US

ミラン、デ・ヨングを1月の移籍市場で売却か…マンUやシャルケが候補

移籍が噂されるミランのオランダ代表MFデ・ヨング [写真]=Getty Images

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランが、今シーズン限りで契約が切れるオランダ代表MFナイジェル・デ・ヨングを、1月の移籍市場で売却する可能性が高まっている。4日、イタリアメディア『Tuttomercatoweb.com』が報じた。

 ミランは、2015年6月30日までの契約になっているデ・ヨングとの新契約締結が難航。契約切れに伴い移籍金ゼロで自由契約となることを避けて、同クラブは今冬の移籍市場でデ・ヨングの放出に踏み切る可能性が高いと見られている。

 移籍先には、同胞のルイ・ファン・ハール監督が指揮するマンチェスター・U、DF内田篤人が所属するシャルケが有力候補に挙がっており、ミランは希望する額のオファーが届けば放出に応じる構えだ。

 一方で、デ・ヨングの後継者として、レアル・マドリードに所属のスペイン人MFアシエル・イジャラメンディをリストアップしていることも同メディアは伝えている。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA